「情報モラル教育」eラーニング講座

――― Web版 ―――


○ はじめに
 本研修教材(以下、コンテンツ)は、情報モラル教育を推進するために必要な基礎・基本となる知識・内容に精選し、短時間で効率的に研修できる教員向けのパッケージです。
 本県の「情報モラル教育」の現状や課題等を共有し、次代を担う子どもたちのために情報モラル教育を推進しましょう。

○ コンテンツについて
 本コンテンツは、インターネット閲覧ソフトウェア(以下、ブラウザ)上のFlash Playerで動作します。一部、WMV形式の動画やPDF形式のドキュメント等、閲覧用のソフトウェアが必要です。一般のコンピュータでは、Flash Playerはじめ、本コンテンツの閲覧に必要なソフトウェアが導入済です。Flash Playerの導入が必要な場合は、こちらを参考にしてください。


導入編
次代を担う、子どもたちのために

(所要時間:約4分、データ形式:FLASH)
 はじめに、「次代を担う、子どもたちのために」をご覧ください。(動画)
 これにより、本県の「情報モラル教育」の現状や課題等を共有します。


基本編
基本編 第1章

(所要時間:約8分、データ形式:FLASH)
1 なぜ今、情報モラル?
2 どんな問題が起きているの?①
  どんな問題が起きているの?②
3 情報モラル教育とは?
4 どうして学校で情報モラル教育をするの?
5 情報社会の特性を理解しよう
基本編 第2章

(所要時間:約6分、データ形式:FLASH)
1 どの教科で扱うの?
2 道徳教育における情報モラル
3 誰が指導するの?
4 学校全体で取り組むことが重要
5 いつ指導すればいいの?
6 コンピュータを使わなければいけないの?
7 教員が持つべき心構え
基本編 第3章

(所要時間:約6分、データ形式:FLASH)
1 情報モラルの2つの領域
2 情報モラルの5つの分野
3 2つの領域と5つの分野の関係
4 発達段階に応じた指導を
基本編 理解度確認テスト

(所要時間:約3分、データ形式:FLASH)
 基本編第1章から第3章までの理解度確認テストです。
 問題は○×形式で、全部で10問あります。

※ 新しいウィンドウまたはタブで開きます。


実践編
実践編 第1章

(所要時間:約5分、データ形式:FLASH)
1 指導の在り方① ~実態を把握した繰り返しの指導~
2 指導の在り方② ~考えさせる学習が大切~
3 指導の在り方③ ~好ましくないパターンと基本姿勢~
4 授業で使える教材、資料、指導事例集①
5 授業で使える教材、資料、指導事例集②
実践編 第2章

(所要時間:約5分、データ形式:FLASH)
1 教員が持つべき知識
2 家庭・地域との連携の必要性
3 特別支援教育における情報モラル
実践編 第3章

(所要時間:約5分、データ形式:FLASH)
1 指導例① コンピュータを使う学習で
2 指導例② 調べ学習(調べる活動)で
3 指導例③ 調べ学習(まとめの活動)で
4 指導例④ 制作や鑑賞の活動で
5 指導例⑤ 手紙を書く活動で
実践編 理解度確認テスト

(所要時間:約3分、データ形式:FLASH)
 実践編第1章から第3章までの理解度確認テストです。
 問題は○×形式で、全部で10問あります。

※ 新しいウィンドウまたはタブで開きます。


資料編
ネットによるトラブルへの対応編

※音声はありません。
Q1 『ネットいじめ』とは何ですか?
Q2 『ネットいじめ』の実態は?
Q3 児童生徒が利用するサイトの実態は?
Q4 掲示板やブログ、プロフ等への誹謗中傷等への対応は、
  どうすればよいでしょうか。
Q5 チェーンメール等への対応は、どうすればよいでしょうか。
Q6 携帯電話に、身に覚えのないサイトから、利用料の請求メール
  が届きました。どうすればよいでしょうか。 
Q7 クリックしただけで料金請求が届きました。どうすれば
  よいでしょうか。
Q8 ネット上で知り合った人から、「会おう」と誘われたら? 
情報モラル教育に関わる基礎研究  本研修教材の基礎研究を担う、「平成24年度長期研修生(前期・6か月)研究報告書」です。
情報モラル教育を推進するための参考リンク集  情報モラル教育を推進するために、参考となるWebサイトと資料へのリンク集です。



○ その他

○ ライセンス
 本コンテンツは、CC BY 2.1ライセンスによって許諾されています。
 ライセンスの内容を知りたい方はhttp://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/でご確認ください。



   Copyright(C) 2012 山形県教育センター All rights reserved.