令和元年度 カリキュラムサポート事業特別講座について

演題:これからの時代に求められる資質・能力を育むための「探究型学習」
講師:大谷大学教授 荒瀬 克己 氏

 子どもたちが、これからの社会を生き抜くためには、変化に対して受け身で対応するのではなく、強い関心や意志を原動力に、知恵を駆使しながら、目の前の困難を乗り越える力が求められています。
 本講座では、「探究型学習」のねらいである、児童生徒の確かな学力の育成や教員の指導力の向上を図るために、高大接続改革の中での学習指導要領改訂の話を中心に、これからの時代に求められる資質・能力を理解し、明日の授業実践につなげていくための示唆をいただきます。

 ・ 日時 令和元年11月30日(土) 午後2時~午後4時10分
 ・ 会場  山形県教育センター 講堂
 ・ 対象 県内の小学校、中学校、義務教育学校、特別支援学校、高等学校の教員及び県教育庁、
 教育事務所、市町村教育委員会、その他教育関係者
 ・ 日程 13:30~13:55 受付
 14:00~14:10 開会行事
 14:10~16:00 講演  
 16:00~16:10 閉会行事


 ※ 申込みは
こちらから


 

平成29年度 カリキュラムサポート事業特別講座 録画DVD貸し出しについて 

 10月14日(土)に開催されました、カリキュラムサポート事業特別講座を撮影したDVDを貸し出します。 貸し出しについては、貸出手順(PDF)をご覧ください。
         
 『探究型学習 を実現するためのアクティブラーニングについて』  京都大学 教授 溝上 慎一