調査研究


 本県教育の目標に基づき、山形のよさを活かした教育の推進を目指し、学校や研究機関等との連携を
図りながら、時代の要請を受けた調査研究を進めています。


「探究型学習」の在り方と授業づくりについて            平成27年度から3年間
 児童生徒の能動的・協働的・課題解決的な学びを通して、基礎的・基本的な知識・技能の習得に加え、知識・技能を活用するために必要な思考力・判断力・表現力等や、自ら課題を設定し、自ら学び主体的に課題を解決していく「探究する」力を育成するため、学習の在り方や授業づくり等について研究し、教材作成を行います。

いじめ防止・対策支援プログラムの検討・作成           平成26年度から2年間
 各学校におけるいじめ防止・対策に資するよう、いじめ防止・対策支援プロジェクトを検討、作成します。

③教育の情報化に係る学校ニーズへの対応             平成27年度(単年度更新)
 情報モラル教育、教育におけるICT活用、校務の情報化の三つの領域について、本県教員のICTに関する能力向上のための研究・開発を行います。

特別支援教育に係る学校ニーズへの対応             平成27年度(単年度更新)
 特別支援教育力の向上に資するため、適切な教育課程の編成、授業づくり、校内支援体制の活性化等に関する研修資料を作成します。

*①については、長期研修制度による研修生を迎え、共同で研究を進めていきます。