ygrpware 11.07



Ver. 11.07
 山形県教育センターでは、簡単にグループウェアを体験・導入できる『グループウェア体験・導入CD』を制作しました。制作にあたっては、国立情報学研究所が次世代情報共有基盤システムとして開発したNetCommonsと、Ubuntu Japanese Teamが提供するUbuntu 10.04 LTS 日本語 Remix CDを利用しました。これらはオープンソースソフトウェアであるため、無償で自由に使用することができます。
リーフレット
リーフレット
グループウェア概要
  1. 「グループウェア体験・導入CD」コンセプト
  1. 「グループウェアでこんなことができる!」(機能紹介)
  1. グループウェア操作テキスト(研修テキスト)
ダウンロード
ダウンロード
グループウェアを体験するには?
  1. ログインID・パスワード

  2. CDからの起動と終了方法

  3. LANを利用して複数人で体験する方法

グループウェアを導入するには?
  1. サーバ機(パソコン)への導入方法
  1. 各種設定
グループウェアをカスタマイズするには?
  1. 学校独自設定について
  1. マニュアル関連
ライセンス

 『グループウェア体験・導入CD』は、下記のライセンスを遵守し配布しています。オープンソースソフトウェアの性質上、無保証であり自己責任でご使用ください。
  1. NetCommons
 NetCommons2.X系は、FreeBSDライセンスで公開されています。ソースコードに添付されているLicenseの記載事項を遵守してください。
  • NetCommonsのLicenseは、こちらをご覧ください。
  • FreeBSDライセンスの日本語訳は、こちらをご覧ください。
  1. Ubuntu 10.04 LTS
 Ubuntuは、GPLライセンスで公開されています。『グループウェア体験・導入CD』で使用しているソースコードは、Ubuntuのパッケージ配布サーバおよびUbuntu Japanese TeamのPPAで配布しています。
  • GPLライセンスの日本語訳は、こちらをご覧ください。
  1. 回覧板モジュール
 回覧板モジュールにつきましては、モジュール配布サイト(NCクラフトhttp://www.withone.co.jp/nc/)に掲載されている『オリジナルモジュール利用規約』にご同意のうえ、ご利用ください。
その他
関連リンク