校務の情報化研究事業

ロゴ

 山形県教育センターでは、県立谷地高等学校をモデル校として、平成20年度から3か年にわたって、校務におけるグループウェアの有効性について検証・研究しました。ここでは、研究成果として制作した『グループウェア体験・導入CD』をご紹介します。

 山形県教育センターでは、簡単にグループウェアを体験・導入できる『グループウェア体験・導入CD』を制作しました。制作にあたっては、国立情報学研究所が次世代情報共有基盤システムとして開発したNetCommonsと、Ubuntu Japanese Teamが提供するUbuntu 10.04 LTS 日本語 Remix CDを利用しました。これらはオープンソースソフトウェアであるため、無償で自由に使用することができます。
コンセプト
コンセプト

  • 簡単にグループウェアの機能を体験することができます!
スケジュール、回覧板、掲示板、施設・備品予約、アンケート機能を体験できます。
使用するコンピュータに一切変更を加えないため、体験後は通常通り使用できます。
  • コストをかけずグループウェアを導入できます!
オープンソースソフトウェアであり、無償で自由に使用することができます。
低スペックなサーバ(パソコン)でも動作し、古いパソコンを再利用できます。
  • マニュアルや研修テキストなどの資料を提供します!
マニュアルや研修テキストを提供しており、校内研修などでお使いいただけます。
学校などからのフィードバックを取り入れ、資料を整備しています。
『グループウェア体験・導入CD』の詳細と入手先

※最新版は、Ver.12.10です。(2012年10月公開)
ダウンロードは、こちら(外部サイト)