「探究型学習」によって確かな学力を育成する授業づくりについて(2年次)

 山形県教育センターでは、本県教育の目標に基づき、山形のよさを活かした教育の推進を目指し、学校や研究機関等との連携を図りながら、時代の要請を受けた調査研究を進めております。
 調査研究の一つとして、児童生徒の能動的・協働的・課題解決的な学びを通して、基礎的・基本的な知識・技能の習得に加え、知識・技能を活用するために必要な思考力・判断力・表現力等や、自ら課題を設定し、自ら学び主体的に課題を解決していく「探究する」力を育成するため、学習の在り方や授業づくりについて研究し、教材作成を行ってきています。
 その研究報告書を作成いたしましたので、お読みいただき、意見交流のきっかけとしていただければ幸いです。


 分割ダウンロード

  表紙・はしがき・目次(約0.1MB)
  はじめに(約0.1MB)
  第1章 長期研修生による授業開発と実践(約2.6MB)
   ・小学校 国語
   ・中学校 外国語(英語)
   ・高等学校 理科(化学基礎)
  第2章 研修講座による探究型学習推進の支援(約1.0MB)
  第3章 基本研修や出前サポートによる支援(約7.6MB)
   ・平成28年度山形県小学校・中学校教職5年経験者研修
   ・出前サポートによる校内研修会のワークショップ
  今後に向けて(約0.5MB)
  資料・奥付(約0.1MB)