<電話相談>小学校 1年男子児童の母からの相談

 【課題状況】

  ・ 5月の連休明けごろから、朝になると行動が鈍くなり、登校を渋るよう
   になっている。


  ・ 夫は、「心配しなくていい。大丈夫だ。」と語るのみ。


  ・ 学級担任に学校の様子を尋ねたところ、「級友と楽しく過ごしている。
   給食も全部食べている。」との短い報告があったのだが…。


 【相談経過】

  ① 「このままでは、不登校になってしまうのでは…。」と心配されるお母
   さんのお話をじっくり伺いました。


  ② 本人の学校生活についての具体的な情報が欠けることが、心配を
   大きくしていたようでしたので、「担任の先生に電話で連絡し、学校生
   活の実際を聞く」ことを勧めました。


  ③ 家庭では、登校を続けている本人の努力を心から認めるとともに、
   帰宅後は、本人と一緒にいる時間を大事にすることを勧めました。

 

<電話相談>小学校(特別支援) 3年男子児童の母からの相談

 【課題状況】

  ・ 幼稚園でも一つのことに集中できなかった。小学校入学後、授業中の
   離席などが目立ってきた。


  ・ 1~2年時は、学級担任が丁寧に対応してくれていたが、3年になって
   から心配な行動がエスカレートしている。


  ・ もしかしたら障がいがあるのではないか?診てもらえるのだろうか…。
 

 【相談経過】

  ① インターネットで検索した発達障がいの特徴とわが子の様子が共通
   していたことにショックを受け、不安を募らせておられるお気持ちを
   じっくりと伺いました。


  ② 子どもさんの生活の様子をお聞きし、課題や状況を整理しました。


  ③ 専門機関として、山形県発達障がい者支援センターへの相談を紹
   介しました。


  ④ 学校との連携は今後ますます重要になることから、担任との面談を
   勧めました。

 

<電話相談>中学校 1年女子生徒の母からの相談

 【課題状況】

  ・ 9月ごろから表情が優れなくなった。


  ・ 合唱コンクールに向けた朝練習への参加を嫌がるので、理由を聞いた
   ところ、本人が「いじめられている」と口にした。


  ・ 担任にはまだ知らせていないのだが、どうしたらいいのだろう…。


 【相談経過】

  ① わが子が「いじめ」の当事者となったことのショックや、わが子の苦し
   みに気づかずにいた自責の念などを、じっくりお聴きしました。


  ② 本人が口にした事実と親としての思いを、すぐに学校に伝えるよう勧
   めました。


  ③ 今後の対応では、本人の意向を尊重することが大事であることを伝
   えました。


  ④ センターの来所相談も紹介しました。

 

<電話相談>高等学校 2年男子生徒の父からの相談

 【課題状況】

  ・ 1年後半から生活が乱れた。欠席も増えたが、追試験で何とか進級で
   きた。


  ・ 2年の6月、担任から生活と学業の実際が知らされ、「このままでは単
   位取得が難しい」と告げられた。


  ・ 本人は転校すると言っているが…。


 【相談経過】

  ① 「息子の生活を何とかしたい」との強い思いをじっくり伺いました。


  ② 本人の生活状況や進級の条件などを、親として正確に理解すること
   の必要性を説き、まず担任に連絡することを勧めました。


  ③ 表面に出た本人の言動に踊らされず、学校と話し合いながら少しず
   つ、時間をかけて決めていくことを勧めました。

 

<電話相談>教員 小学校3年の担任からの相談

 【課題状況】

  ・ 学級経営が思うように進まないのだが、学校には相談できる先生がいない。


  ・ 子どもに学級不適応の兆しがある。


 【相談経過】

  ① 孤立感、焦燥感をお持ちの先生のお話をじっくり伺いました。


  ② すぐできそうなことに絞って相談しました。


  ③ センターに来所しての相談を勧めました。